必要な払込証明書

合同会社設立時に必要な払込証明書とは?

合同会社とは、会社法で確立された比較的新しい会社の形態になります。会社の種類は投資家から資金を募る株式会社と、出資した者がその業務を行う持ち分会社があります。さらに持分会社は、合名会社と合資会社と合同会社に分かれます。合名と合資は以前から存在した会社ですが、特徴として資本金の規定がなく設立が簡単で内部自治が認められているという点が挙げられます。しかしこれらは1名以上の無限責任者が必要となるため、あまりメジャーな存在ではなかったのです。そこで無限責任者が必要ではない合同会社が確立されました。合同会社を設立するあたり、まずは会社名や事業目的、資本金の額や事業年度などの基本事項を決める必要があります。

また事業目的以外のビジネスをしてはいけないとされているので、この先に行う予定である内容をふまえて事業内容を決定しなければいけません。そして商号と業務内容の調査のために法務局へ行き、代表社員の印鑑証明書を揃えたり会社の印鑑を作成するといった準備をします。会社の法律である定款を作成したら、払込証明書を作成します。払込証明書とは、合同会社の代表者の金融口座に資本金の払込みがあったことを証明する書面になります。

まず代表者の金融口座を準備します。これは個人のもので構いません。最近は通帳がないものもありますが、それは不可になります。「当会社の設立により、発行する株式につき、次のとおり発行価額全額の払込みがあったことを証明します。」という文の下に払込みのあった金額を記入して、その下に払込みをした日付を入れます。ここには必ず記帳されている日付を記入します。さらにその下に会社の所在地と商号を正式名称で記入してから、代表社員名とその横に会社の実印を押印します。この際に書面の左上にも捨印を押しておくと、直接修正ができるため作り直す手間が省けます。資本金が払い込まれた通帳は、表紙と通帳の裏にある支店名や口座番号、名義人が記載されている面、そして実際に入金を確認できるページの3つのコピーを取ります。

そしてこれらを、払込証明書、通帳表紙、通帳裏の支店名などがのっているもの、資本金の入金が確認できるページの順に整えてホッチキスで留めます。さらにホッチキスで留めたページとページの間に契印を押します。契印とは同じ内容の文書が複数にわたるときに、その文書が同じものであるという証明のために押すものです。この書面の作成が終わると、登記書類の作成をすることになります。

最新記事

  • 合同会社を設立した後にかかる維持費 合同会社には様々なメリットがありますから、設立してみようかと思う人も多くい …

    維持費

  • 合同会社の設立に必要な印鑑 会社が契約を結ぶときには、会社としての印鑑が必要となります。そして、設立するときに …

    必要な印鑑