資本金の金額

合同会社を設立するための資本金の金額

資本金とは会社を運営する上で必要な資金として用意するものを指します。合同会社の制度が作られる前には、設立するための最低金額が定められていましたが、現在ではこの規制はありません。

ですから、お金がなければ1円でも良いですし、10円でも問題はありません。しかし、現実的に考えた場合、300万円くらいはあったほうが良いです。もちろん、多ければ多い方が良いです。

合同会社の資本金は、合同会社の最低限の資産だと考えればわかりやすいです。たとえば1,000万円に定めた場合、最低でも1,000万円の資産を守っていくことが求められます。そのために、社会的信用力は高くなります。社会的信用力とは、取引先に対する信用力だと考えればわかりやすいでしょう。

たとえば、1円で設立した合同会社なら社会的信用力はほとんどないと考えておいた方が良いです。むしろ詐欺のために作られた架空会社ではないかと思われることもあります。それによって取引先から信用されずに仕事をもらえないと言ったこともあり得るでしょう。

もう少し具体的に言うと、銀行口座を開設できないケースがあります。合同会社を運営するに当たって、銀行口座がないと不便です。ですから、銀行口座を開設できないというデメリットはあまりにも大きすぎます。銀行から信用してもらうためにはある程度の資金が必要となりますが、その基準となるのがだいたい300万円だと考えられます。

300万円というのは、かつての有限会社の基準です。有限会社を設立するためには300万円は必要でした。ですから、これが一つの目安とされることが多いです。あくまでも目安ですから、299万円でも大差ありませんが、切りの良い数字を選ぶのが一般的で、100万円単位で定めておくとわかりやすいでしょう。

小さい規模で経営を続けていこうと思うのであれば、まずは300万円あると良いです。多ければ多い方が社会的信用力は高くなるのですが、1,000万円を超えると初年度から消費税を支払わなければならないという点にも注意が必要です。
このようなことを考えれば、合同会社を設立するときの資本金は300万円以上1,000万円未満に設定しておくのが一つの目安となります。いろいろな会社を見ていると、資本金が999万円となっている会社を見つけることができると思いますが、これは消費税の対策と社会的信用力を高めるためにちょうど良い金額だと考えられます。