合同会社を設立

合同会社を設立すれば社長は代表社員

合同会社を設立すれば、社長と呼ばれるべき人は代表社員という方が気になります。社長というのは、実は法的に定められている言葉ではなくて、会社の中で最も偉い人という曖昧な意味で用いられているようです。ですから、法的には代表社員と呼ばれることになるのですが、これは「代表」という言葉と「社員」という言葉の二つの意味を持ちます。

株式会社の場合には、社長は代表取締役と呼ばれるのですが、これに相当するものだと考えればわかりやすいでしょう。経営を行う人の中で代表権を持つ人という意味です。

社員というのは、そこで働いている人という意味ではありません。雇った人のことは従業員と呼びます。合同会社を設立する場合には、それぞれが出資を行います。そして、出資した人が経営を行うのが基本です。出資して経営に参画する人のことを、合同会社では社員と呼ぶのです。株式会社で言うところの株主と取締役を兼ねた人だと考えればわかりやすいでしょう。

代表権とは対外的に取引を行える人のことを指します。合同会社を設立すれば、その後の営業活動は会社として行うことになります。他の会社と契約を結ぶ際には、個人で結ぶのではなくて会社として結ぶことになりますから、意味が異なってきます。契約を結ぶのが会社ですから、全責任は会社にあると言っても良いでしょう。個人は、その会社で働いているに過ぎないのです。

多の会社と契約を結ぶ際には会社として契約を結ぶのですが、そうはいっても誰かが契約書にサインして印鑑を突かなければなりません。それを行うことができる権利を代表権と呼びます。代表権を持つ人は一人にすることが多いようですが、複数に定めても問題はありません。ただ、一人にしておいた方が経営はスムーズでしょう。

代表社員とは、代表権を持つ社員です。この肩書きがあまり好きではないという人も多いのではないでしょうか。せっかく社長になるのだから「代表取締役」と名刺に印刷したい人もいるでしょう。そこにこだわるのなら株式会社を選ぶしかありません。
合同会社には代表取締役という役職はなく、それに変わるのが代表社員です。何となくこの言葉の響きが気に入らないから株式会社にしようと考えるのも割ることではありませんが、いろいろなメリットを考えれば合同会社の方が良い場合もあります。その際には、自らを代表社員と称するのではなくて、たとえば「C.E.O.」などと呼べば良いでしょう。