合同会社設立の方法

合同会社設立の方法について

会社設立をしようとする場合に選択することが出来る会社の形にはいくつかの種類がありますが、一般的な選択肢となり得るのは株式会社と合同会社の二つであると考えられます。これらの会社の形は実に様々な事業に適用させることが可能であり、設立のための手続きも非常にシンプルであるという特徴があるため、広く選択されている会社組織の在り方として有名となっています。

この内、株式会社の名前を知らない人は稀であると言えるでしょう。株式会社は株式を発行することで投資資金を集める仕組みを持っている会社組織のことであり、投資した金額に応じた配当を受けることが出来るという仕組みを基本としています。そして投資は株式の購入という形式で行われるのが一般的であり、保有している株式の数に応じて配当金を受けることが出来る仕組みを持っているのです。この様な仕組みで広く投資を集め、事業を大きくしていこうとするのが株式会社の仕組みです。

これに対して近年になって新しく生まれたのが合同会社という会社組織です。この会社の形を聞いたことがあると言う人はまだそれほど多くはありません。会社法の変更に伴って新規で設立が可能になった新しい仕組みの会社のことを合同会社というのですが、その最大の特徴は出資額に応じた配当を原則としないという点にあります。株式会社の様に上場を想定していないため、細かな取り決めの部分が非常に緩やかであるのが特徴であり、小規模零細事業や個人事業主にとってメリットの大きな仕組みであると言えるでしょう。合同会社を作ることにより有限責任での業務を行うことが出来ますし、信用が増すというメリットがあります。

そんな合同会社の設立方法としては、設立をする地域を所轄している法務局に必要書類一式を提出するという届出を行うことになります。これは株式会社設立の場合とほぼ同じ手続きであるために調べれば自分自身で行うことも可能であると言えるでしょう。また株式会社と違って合同会社の設立方法としては定款を公証役場に持ち込むなど面倒な手続きが不要となっているのも特徴の一つです。そのため専門業者を頼らなくても手続きしやすいという仕組みが揃っているのです。定款の他には会社の印鑑証明の作成や資本金の払い込みなども必要となります。これらの手続きを滞りなく行うことによって合同会社を作ることが出来るようになるのです。この様に合同会社を作るための手続きは株式会社を作る際に行う必要があることに酷似していますが、多くの点で簡略化されています。